水素水の現実

水素商品はホントに効くのか!?

水素水がアンチエイジングに効果的!!とかでよく売れているみたいですが、週刊文春で色んな水素商品を実験して濃度を計った結果を集計している記事をよんでしまいました。結論から言うと全く効果がないんじゃないかというものや、全くといって良いほど水素が入っていないものもあるみたいですね!!

 

けど水素自体の人体への効果は立証されていて、アルツハイマーや動脈硬化はじめとするアンチエイジングにも有効だとされてますよね。…となると、水素効果をしっかりと得るためには色々気を付けないといけないことも多そうな気がします。

 

水素水とかサプリメントを意識して見てみると、色んなタイプのものが出ていますね。タブレットのものとか、アルミパウチのものとか、アルミ缶のものとか、ペットボトルのものとか。けれど、それこそ週刊文春の実験記事を見てるとビックリします!!せっかく勝手も意味がないなんてあり得ないです。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2469

 

けど多分この商品全部、最初はきっと水素も入ってたと思うんですよね。週刊文春の記事によると、

 

容器によっては本来水素が入っていたとしても抜けてしまう
とか…。

 

そもそも水素水って蓋を開けたらすぐに使わないと、どんどん水素が消えていくって言いますよね。まさにその通りみたいで、せっかく水素が水に混じっていても、空気に触れてると出ていっちゃうそうです。容器の中に空気が入っていても同じみたいですね。

 

しかも水素の分子はペットボトルの素材よりも細かいから、せっかく水に溶けていた水素は完全に抜け去ってしまうみたいで、計測された水素はゼロだったらしくかなりのショック!!それフツーの水ですやん!!!!

 

アルミ素材のものは水素を閉じ込めておけるとのことで空気が入っていない状態のアルミパウチのものは、結構成績がよかったみたいですね。

 

アルミ缶は逃さないものの、構造上中に空気が入ってしまうので、その中に放出されてしまうのは防げない
みたいですね。

 

ウォーターサーバーで水素水が飲めるなんていうサービスがあれば人気でそうだなって思ったけど、現実的に難しいということなんですね。

 

気になるのはタブレットや錠剤ですよね。そのまま食べたり、水に溶かしてすぐに使うことが鉄則だそうですが、これの水素量も商品によってバラバラらしく、特許がどうとか書かれていても、水素含有率に対する特許とかではなくその作り方の特許だったりするらしいので惑わされないようにしなくてはいけませんね。

 

要するに、色んなメーカーから出てるけれど、例え製造段階で表示されている水素が含まれているとしても、いざそれを使おうとした段階でどれだけ水素が残っている状態かということが問題なわけです。

 

これって基本的にどんな健康食品にも言えることですよね。作った段階で効果のあるものが入っていても、いざ使用段階、体内環境でそれがどう働くか…消費者も踊らされないようにしなくては。

昨日、用事があって郵便局に行ったら、ウォーターサーバーの広告チラシがあったの。ちょっと気になったから持って帰ってきて読んだんだけど、ゆうパックがあるから家まで届けることもできるんだよねぇ。
肝心のお水はどうかというと、富士山の天然水ですね。しかも100%非加熱天然水だそうです。そのまま富士山のお水を飲めるということですね。すごいですよねぇ。富士山の天然水っておいしそう♪

 

ウォーターサーバーも2種類あって大きいのと小さいのと選べるのもうれしいねぇ。もちろん赤ちゃんのミルクを作るのも大丈夫みたい。それに、エコモードで使っていない時(深夜とか)の電気代もカットしてくれる機能もあるみたい。(参考)ウォーターサーバーランキング
サーバーのレンタル料は無料だからお水と電気代だけの負担になるんだね。タンクも使い切ったら小さくなるから捨てやすい。いいことばっか。

 

ただねぇ、条件があるみたい。1か月1回はお水の注文をして1年以上継続購入をしなくちゃいけないんだって。この条件って無理がある?ない?

続きを読む≫ 2014/10/17 11:36:17

ダイエットのお供に何がいいかな?

今やダイエットにデジタル用品は欠かせなくなりました。基本的なところから言えば、体重計も体脂肪が測れるものが主流になっていますね。
そして、ダイエット目的と美容、健康目的で人気なのが、ジョギング、ウォーキングです。

 

ただ闇雲に走ったり歩いたりするのではなくて、デジタルウォッチをつけたり活動量計、万歩計をつけて、データで管理する時代になってきています。
そんなデジタル製品たちですが、もっと身近で手軽に利用できるあのスマホとの連携も始まってきているようです。

 

デジタルウォッチでジョギングしている人はWi-Fi機能でパソコンと連動して、走った時間や距離、タイムなどを管理しているようですが、これがスマホで出来るとなれば
もっともっと便利です。
今まではこういうデジタル的なデータはジムに行ったりしないと出来なかったのにスマホだと個人で自由に情報を得ることが出来ます。

 

ジムのメリットも沢山ありますが、個人的にやりたいという人が増えてきているのでしょうね。
運動をすることって、やっぱり毎日続けることが大事です。
気持ちの上で続けられる形に持っていくことが大切です。

 

だからこのようにデータの管理をしていくと、必然的に毎日やらなければいけないという気持ちにさせられるというのも、続けられるコツだと思います。
簡単に止められる環境だったら続きません。人間の意志って案外弱いので、このようなグッズに頼って続けることもいいことだと思います。

 

そして続けたその先には、体系維持、健康、スタイルアップなどのメリットの他にも達成感、継続は力なりというココロの成長にも繋がります。

 

便利な世の中を嘆く人もいますが、決してそういうわけじゃなくて、上手く付き合っていけば、このデジタル社会も私たちの生活にプラスを与えてくれます。

 

情報を知らなければ損していたことがいーっぱいあります。だからこの便利な世の中に生まれてきたことに感謝して、その恩恵をめいいっぱい受けたいと思います。

 

ただ、やっぱりダイエットには食事の心がけが大事。食事の便利と言えば、青汁などの健康食品。これらの恩恵もしっかり受けると更にダイエット効果を得られそうですね。

続きを読む≫ 2014/10/10 14:29:10

旦那がとても気にしていることといえば、髪が薄いということです。

 

悲劇的なことに代々旦那の家系は薄毛なので、遺伝の影響もあってか、30代を過ぎてからかなり髪が寂しくなってしまいました。

 

本人は育毛剤のチャップアップを試したり、熱心にブラッシングをしたりしてますが、思うように効果が出ずに悩んでいます。

 

少しでも薄毛を改善して欲しいと、妻である私は食事での栄養バランスを工夫し、髪をつくる原料になってくれるアミノ酸を意識し、タンパク質を不足させないメニューを毎日提供したり、海藻を良く買ったり、亜鉛のサプリメントを飲ませるようにしています。

 

髪にはわかめや昆布といった海藻がとても良いイメージですが、髪を構成するケラチンはタンパク質なので、食事からきっちりとタンパク質を補うことも実は大事なのです。

 

禿げは本人にとっても非常にコンプレックスになるので、少しでも改善してくれると良いなと思ってます。

 

なるべく夫婦喧嘩をしないようにして、髪に悪いであろうストレスを与えないようにしたり、妻として出来る限り薄毛改善を応援したいと思ってます。

続きを読む≫ 2014/10/09 14:29:09 blog

昔タモリさんが「ビールは太らないよ」と言っていたのがすごく心に残っていました。

 

本当かな?ビールだってカロリーがあるのに太らないのかな?と気になっていました。そしていつしか大人になり普通にビールを飲むようになりました。居酒屋には週に数回行くようになり、いつの間にか体重もしっかりとした中年のそれなりのものになり…。なんだビールは太るんじゃん、タモリさんのうそつき、と思ったのですが。

 

しかしこのところ、糖質オフダイエットをするようになってタモリさんの説は正しかったことに気が付きました。

 

私は夕食に糖質オフをしています。つまりご飯やパスタなどの麺類を食べないという物です。

 

おかずは普通に食べていますが、どうしてもお腹が空いてしまうのです。おかずを増やしてはもともこもないので困りました。しかし続けていくうちに、あまり空腹を感じない日がありました。それはおかずと一緒にビールを飲んでいる日

 

だったのです。それから私は、毎晩ビールとおかずという生活を続けました。お昼は普通にご飯も食べているのにぐんぐんと体重が減りました。半年で理想体型に近くなりました。ビールなどのアルコールは脂肪などになりにくいみたいです。

 

ただ飲みすぎると次の日の体調が悪くなるので、そのあたりとの相談になりますが。水分をしっかりと体外に出し、新陳代謝を良くするために、ホットヨガにも通った方がいいかもしれないね。
参考サイト⇒LAVA予約前に読むべき口コミサイト「ラバヨガっち」

続きを読む≫ 2014/09/06 15:44:06 blog

久しぶりにランボーシリーズを見たくなって、オンデマンド動画配信サービスを利用して「ランボー3/怒りのアフガン」を見てみました。

 

オンデマンド動画配信サービスについて/フールー(ふーる)・ユーネクストで映画を見まくろう!利用者の評判を知るならココ!

 

ランボーシリーズでは一番の作品だと個人的には思います。

 

これまでの戦いで疲れた身体を癒すかのように、タイのバンコクで暮らすランボーの下に、元上官の「トラウトマン大佐」が現れます。アフガニスタンへの潜入工作を依頼されますが、それを断ったランボーですが、トラウトマン大佐が、ソ連軍に拉致されたときき、一人その救出へ向かいます。

 

ソ連軍の攻撃ヘリコプターからの一斉射撃をかいくぐり、敵地へと向かうランボーの勇敢な姿に心躍らされます。

 

この映画で最も見所なのは、ソ連軍のヘリコプターを対空砲火や銃を使わずに打ち落とすシーンです。

 

なんと、特殊な弓矢でソ連軍の攻撃ヘリコプターに狙いを定め、打ち落としてしまいます。

 

サバイバル術を駆使して、敵地に潜入し見事「トラウトマン大佐」を救出します。

 

ですが、物語はここで終わりません。トラウトマン大佐を救出するも、敵がの追撃を受けます。

 

敵の追撃を受けて絶対絶命のランボーですが、もう相手にやられてしまうのかというところで、救世主が現れます。

 

ムジャヒデディンの兵士が馬に乗り、騎兵隊のごとく戦地に現れて危機一髪の乱暴を救ってくれます。

 

このシーンは感動しますよ。一人ぼっちと思っていたランボーではそうではなかった、仲間は助けに来てくれるのだと感動します。

 

ちなみにこの映画、101分の本編で、108人もの死者が出るそうです。

続きを読む≫ 2014/08/24 00:45:24 blog